「ほっ」と。キャンペーン

マイコビッチ、ネットアイドルへの道

カテゴリ:いとしこいし師匠( 24 )

いとしこいし通信20090312


 あさって、3月14日(土)ホワイトデーから公開の映画、
 
 ホノカアボーイ

 私の大好きな こいし師匠 が出ています!

 それもなんと・・・

 エロジジイ「コイチ」役!!(笑)

 おじいちゃんから子供までが楽しめる
 下ネタ厳禁のいとこい漫才とは大違い。
 今まで見たことのないこいし師匠の一面が見られそうです。

 楽しみッ!

 皆さんも是非是非是非観に行ってみてください。

 あさってから公開で~す!
[PR]
by maikovic | 2009-03-12 12:59 | いとしこいし師匠

命日


 今日、9月25日は
 私の大好きな夢路いとし師匠の命日です。

 5年前の今日、ちょうどこの時間ぐらいだったかと思います。
 昼休み中に思いがけずいとし師匠の死を知りました。
 (あの時に知ることができたのは、きっとご縁があったのですね。)
 職場でしたが、職場のみんなを巻き込んで大泣きしました。
 
 あれから5年・・・時が経つのは早いものです。
 あれから私は職場が変わり、人生の相方も見つけました。
 自分の結婚式にお2人に漫才をしてもらうのが夢でしたが、
 それは残念ながら叶いませんでした。
 その代わり、こいし師匠とこいし師匠の娘さんの喜味家たまごさんが
 ビデオレターでお祝いしてくださいました。結婚式当日の夜も
 お電話をくださって、直接こいし師匠とたまごさんから
 お祝いのお言葉を頂きました。披露宴と2次会と3次会で
 みんなにお祝いしてもらってすごく嬉しかったのに
 さらにお電話までもらえて本当に嬉しかったです。
 こいし師匠、本当にどうもありがとうございました。

 たまに、空を見上げて、いとし師匠のことを思い出します。
 それと同時に思うのは、いとし師匠の相方であり弟の
 喜味こいし師匠に元気でいてもらうこと、
 そしてこいし師匠を応援し続けること!!

 こいし師匠、なかなかお会いする機会がありませんが、
 体に気を付けてまだまだ元気にお仕事頑張ってくださいね。

 いとし師匠も天国で元気でいてくださいね。
 (こいし師匠と再会するのはもう少しお待ちくださいませ、ね。)

 いとし師匠が亡くなった今も、
 私はずっと “いとしこいし” お2人のファンです。
[PR]
by maikovic | 2008-09-25 12:43 | いとしこいし師匠

「いとしこいし想い出がたり」

b0040638_129414.gif
 そして建様だけではなく、
 こいし師匠もまだまだ若者に負けていませんよ!
 
 この間の言葉どおり、行動を起こしてマネージャーさんに連絡をしたら
 いい情報をいただきました。
 
 つい先日、こいし師匠の本が出版されたそうです!!
 「いとしこいし想い出がたり」
 (岩波書店から、定価 1890円、2008年6月20日発売)

 私はネット注文しました。
 今日、明日には届く予定です。楽しみ~♪
 皆さんもお近くの本屋さんで探して見てみてくださいねっ!

 <あ! 追加情報>
 7月13(日)に梅田紀伊國屋書店14:00~
 この本のサイン会をするそうです。
 関西地区の方は是非行ってみて
 カッコイイこいし師匠に会ってきてくださいまし~!
 私も大阪に住んでたら行きたかったぁぁぁぁ。
[PR]
by maikovic | 2008-07-08 12:12 | いとしこいし師匠

いとしこいし通信20071212


 ただいま放送中の読売新聞のテレビCMに、
 私の大好きなこいし師匠が出演しています。

 残念なことに私はまだテレビで見ていないのですが、
 その代わりココ↓で見られますので、まだ見ていない方は是非!
 読売新聞テレビCM

 それと、来年1月26日より公開の映画「子猫の涙」にも
 こいし師匠が出演しております。

 機会がありましたら是非、皆様ご覧くださいませ!

 
[PR]
by maikovic | 2007-12-12 12:27 | いとしこいし師匠

こいし師匠、素敵でしょ?

b0040638_13574027.jpg

                     『星影のワルツ』

                   [監督・脚本] 若木信吾
                [出 演] 喜味こいし、山口信人ほか
               [サイト] http://www.youngtreefilms.net
         [概 要] 20年間撮り続けてきた祖父琢次さんとの思い出と、
              若木さんが琢次さんにしてほしかった思いを込めた作品。
            2年前に他界した琢次さん役には、かつて一世を風靡した漫才師
                 「いとしこいし」の喜味こいしが演じる。
       誰の心の中にもある、大切な感情や、大切にしている何かに響くストーリー
              [公 開] 2007年渋谷ライズエックス
                   渋谷公園通りパルコ3前ライズビル
                      03-3464-8555
                    http://www.cinemarise.com
[PR]
by maikovic | 2006-07-21 13:00 | いとしこいし師匠

懐かしのCM


 といっても私は生でこれを見たことはないのですが、
 むか~し、オリエンタルという会社のCMに
 私の大好きないとしこいし師匠が出ていたのを発見!

 口を早く動かすいとし師匠が面白いです。

 ここ→マースカレー
 から入って、『ミュージアム』をクリックすると
 オリエンタルギャラリーが出てきます。

 その中の『オリエンタルCM集』をクリックすると
 左上の『マースカレー』に若い頃のいとし師匠が・・・。

 ぜひ。
 
 
[PR]
by maikovic | 2006-07-12 18:04 | いとしこいし師匠

近況報告!

b0040638_1741921.jpgこいし師匠の話題を2つほど紹介します!

★来年公開の映画に出演します!!
 
 この写真は映画の1シーン。お髭がなんともいえず、カッコイイですなぁ。 

  ・・・映画のタイトル「星影のワルツ(仮)」や上映時期などはまだ検討中とのこと。

★6月3日(土)12:15~NHK「生活笑百科」に出演します!!

 久しぶりの動く師匠が見られて嬉しいな♪


 皆さんもお時間があったら是非チェックしてみてくださいね。
[PR]
by maikovic | 2006-05-26 17:46 | いとしこいし師匠

謙虚。

 先日のいとし師匠三回忌追善公演のパンフレットに
 こんなことが書いてありました。

 ご挨拶
 本日はお忙しい中を多数ご来場いただきまして
 誠にありがとうございます。
 ・・・中略・・・
 私も今年で兄貴と同い歳になりました。
 もう漫才をすることはありませんが、
 それでも芸能界の片隅で皆さんのお邪魔にならないよう
 「一日一生」の思いでがんばっていきたいと思っております。
 どうか今後ともよろしくお願いいたします。
 喜味こいし

 
 私はこの言葉に感動しました。
 私が師匠と呼んでいるのとは訳が違って
 何十年も前から師匠と呼ばれているこのいとしこいし師匠。

 78歳になったのだから、
 師匠と言われる程の素晴らしい漫才師なのだから、
 ちょっとやそっと威張ってもいいじゃないですか。

 それなのに、そんなことは全く感じさせない、この謙虚さ。

 いとしこいし師匠達は、ネタが面白かったのはもちろんですが、
 この人柄があったからこそ、ここまでたくさんのファンや
 周りの方々に愛され続けているのだと思います。

 そう、私もその愛してしまったうちのひとり。

 自分でも最初の頃を考えたら
 こんなに深いお付き合いをさせていただけるとは
 夢にも思っていませんでした。

 でも知れば知るほど惹かれていき、ふと気がついたら
 大阪まで追っかけするほど大好きになっていました。

 人としても漫才師としても大好きなひと。

 私も師匠達のように、謙虚な人でありたいと思います。
[PR]
by maikovic | 2005-11-30 13:01 | いとしこいし師匠

大阪報告 其の五 〜感動〜

 いとし師匠の三回忌追善公演に参加してきました!!

 といっても、ただこの公演を観に行ったのではなく、
 公演のお手伝いをさせてもらいに行ってきました!
 
 会場の外には開場の1時間前からすでに長蛇の列が。
 (席は全て自由席だったので、いい席を確保しようと
  たくさんのおじいさんやおばあさんが並んでいました。)
 
 その列を眺めながら入り口から関係者としてこそっと入り、
 師匠のマネージャーのT氏に関係者の人に紹介していただき、
 楽屋にも通していただきました!

 マネ 「こいし師匠、東京の○○(私の名字)さんです。」
 師匠 「お、おぉ!東京の娘よ!!」 

 う、嬉しい・・・(><)
 前にお会いした時に、こいし師匠が私のことを
 「東京の娘みたいに思ってる」と言ってくれたのを
 今でもちゃんと憶えてくれていました!!感動だぁ。

  私 「おひげがとっても素敵ですね。」
 師匠 「そうかぁ? おまえさんだけだよ、
     そう言ってくれるのわ。」
  私 「そうですか? とってもカッコイイですよ!!」
 奥様 「かわってあげましょうか?」
  私 「是非お願いします!」 
 奥様 「ふふふ(笑)」

 なんていう会話もしてきました。
 しかもそれだけではなくて、
 こいしファミリーの皆様にとっても温かく迎えていただきました。
 奥様も私のことをちゃんと憶えていてくれたし
 こいし師匠の娘さんは「まいちゃん」と呼んでくれたり
 私のブログも見てくれているのか「マイコビッチでしょ?」なんて
 親しく声をかけていただいたり、本当に本当に感激でした!!

 そんなHappyな気持ちで楽屋(大部屋)に入らせていただいて
 少しこいし師匠とお話する時間を作っていただいたので、
 例の報告もしちゃいました!

  私 「私事なのですが・・・
     実は来年結婚することになったんです!」
 師匠 「おぉ、それは良かったなぁ(^^)」

 と言いながら、師匠は私の手を取って
 素敵な笑顔で両手で握手してくれたんです!!
 これまた感激〜〜(><)!!
 
 その他にもお話する時間はあったのですが、
 なんだか久しぶりに会ったからか
 周りにすごい人達がたくさんいたからか
 とても緊張してしまって、何を離したのか憶えてません。
 そして、こいし師匠のこともちゃんと見られませんでした。
 なかなか会えない人がこんなに近くにいるのに、
 まともに見られない・・・。
 今思えば、穴があくほどじーーーっと見ておけばよかった・・・
 と、後悔。。。
 
 公演の時間が近づき、出演者の方々が集まってきたので
 楽屋に入ってこられた皆さんにお茶を出すという
 お手伝いをさせてもらうことになりました。

 専属のスタッフさんがキビキビと動いていたので
 私はお茶碗や灰皿をたまに洗いにいったりするくらいで
 ほとんど何もせず、お役に立てていなかったような気もしましたが、
 少しでもこいし師匠の側にいられてとっても嬉しかったです。
 (遠くからは、じーーーっと見つめられたんだけどなぁ・・・。)

 こいし師匠がメインの時は会場の後ろのトビラから
 こっそり入って後ろで立って見ることができました。

 他にもいとこい十八番の漫才をはな寛太いま寛大さん、
 幸助・福助さんが演じたり、横山ノックさんや鶴瓶さんや
 西川きよしさんなどをゲストにいとし師匠のことを語ったり
 とっても盛りだくさんの内容でした。

 最後に、私がおっかけをするきっかけになったネタ、
 「我が家の湾岸戦争」のVTRを見たのですが、
 やっぱり最高でした。
 もう何十回もビデオで見たし、何十回とCDで聴きましたが、
 何度見ても何度聴いても面白い。

 私の中では、笑いが最も生まれる瞬間は、意表を突くこと。
 だと思うのですが、いとしこいし師匠の場合は、違う。
 正確に言えば、それを越えているんです。
 
 意外性だけでは次に見た時に面白みが半減するというか
 一度きりの笑いになってしまうと思うのですが、師匠達は違う。
 師匠達の漫才は何度見ても面白いんです。 
 何回も見ているから次にどんな展開になるのか
 どんな台詞が出てくるのか全部わかっているのにも関わらず、
 面白い。

 これってすごいことですよね。

 皆さん、夢路いとし喜味こいし師匠、最高ですよ。
 まだネタを見たことのない方、是非見てください。
 他の誰とも代え難い漫才が、そこにはあると思います。 

 最後に・・・いとし師匠へ。
 いとし師匠のこと、いつまでも忘れません。
 だって、こんなに好きになった人だもん。
 いとし師匠はこれからも死ぬまで(師匠の漫才を見るたびに)
 私に笑顔をプレゼントしてくれるんだろうなぁ。
 いとし師匠、いつまでも大好きです!
 あ、こいし師匠にやきもちやかないでくださいね。
 なーんちゃって(笑) 

 最後の最後に、
 大好きな師匠とこのようにお近づきになれたのは
 偏にマネージャーのT氏のおかげだと思っております。
 師匠への熱い想いを温かく理解してくださって
 本当にいつもありがとうございます。
 これからもどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by maikovic | 2005-11-14 18:17 | いとしこいし師匠

死について。


 本田美奈子さんの38歳という早すぎる死。

 本田美奈子さんのファンというわけではないのですが、
 ニュースで見るたびに目に涙が溜まります。

 私はつい最近まで死に対する恐怖というものが
 全くといっていいほど、ありませんでした。
 
 それは、まだ若いから死ぬのなんてすごい先のこと、
 と思っていたわけではなく、
 “ただ単に”死ぬということが怖くなかったのです。

 でも今は違う。

 死ぬのが怖い。すごく怖い・・・。
 
 どうしてそう思うようになったんだろう。
 考えてみたらひとつの答えに辿り着きました。

 それは
“周りにいてくれる人々がとても大切な存在だということ”を
 強く感じているからだと思います。

 私は本当に本当に人に恵まれていると思います。
 今まで周りの人達がいたから、今明るく過ごせる私がいる。
 嬉しい時、悲しい時、辛い時、泣きたい時、腹立たしい時に
 大好きな家族・兄弟・恋人・友達・いとしこいし師匠・・・
 たくさんの人がそばにいてくれて、時間を共有してくれた。

 去年から今年にかけて心境に大きな変化があり、
 改めてこの周りの人達がいてくれるありがたさに、
 気がついたんです。

 それと同時に、死に対する恐怖も芽生え始めました。
 今、こうやって私のことを愛して大切にしてくれる人達がいる
 この状態からいなくなるのはイヤだ。 一緒に生きていきたい。
 時間を共有したい。まだやりたいこともたくさんあるのに
 死にたくない!・・・と。

 人というのは必ず神様がなんらかの使命を与えられて
 生まれてくるものであり、その使命を果たすまではその人は
 死に至らない。 そう、思っていました。

 でも、この本田美奈子さんは違った。
 すごく努力家で歌が大好きで大好きで仕方がなくて
 これからもその綺麗な歌声でたくさんの人を元気づけて
 勇気づけて魅了していくはずだった。
 絶対にまだ使命を果たしきれていなかったはずです。

 それなのになぜ、神様は本田さんに死を与えたのだろう。

 不思議でなりません。
 納得がいかない。

 でも・・・こうも思うんです。

 この世の人々がみんな死ななかったら、または
 80〜90歳まで当たり前のように生きられると
 わかっていたとしたら、
 人は1日1日を大切にしなくなってしまうのかもしれない。
 
 いとしこいし師匠にサインを頂いた時に、サインの横に
 
 「一日一生」
   ・・・1日1日を(一生だと思って)大切に一生懸命生きる。
 
 と書いてあったのを思い出しました。

 この素晴らしい言葉をとても大切なことだと思うのと同時に、
 本田さんのようにもっともっと歌いたい、と願いながら
 悲しいことに死というものを迎える人がいる中で、
 生かされている私は今できることを毎日精一杯やらなければ
 死んでしまった本田さんに申し訳ないと思うのです。

 戒めじゃないけれど、
 本田さんの死にはそういう意味も込められているのかなと
 思いました。

 生かされているということ、健康であること、そして
 周りにたくさんの人達がいてくれることに感謝して、
 これからは毎日一生懸命生きていきたいと思います。
 
 本田美奈子さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

 天国で、いとし師匠にその綺麗な歌声を
 たくさん聞かせてあげてくださいね。 
[PR]
by maikovic | 2005-11-09 13:00 | いとしこいし師匠