マイコビッチ、ネットアイドルへの道

<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

暖かい光に包まれて思い出したこと。


 数日前の朝、会社に向かう電車が遅れていました。
 雪が降ったせいか車両故障のせいか、なんと50分も。
 ノロノロ運転している電車に、普段の私なら
 会社に遅刻しちゃうからとっとこハム太郎早く動いてくれい!と
 イライラするところですが、今日は別。
 私の手元には読みかけの本(マンガじゃありますん。)があり、
 今日に限っては、読み終わるまで電車よゆっくり走ってかまわんばい!
 という感じでした。 

 面白い本は読み出すと止まりませんね。
 その世界に一瞬にしてグイっと引き込まれてしまいます。

 電車はノロノロ徐行運転をしていたので、
 出入り口付近に立っていた私はずっと太陽の暖かい光
 (この季節にしては珍しく、ぽかぽかというよりはジリジリ)に
 包まれながら本の世界にどっぷり引き込まれていました。
 
 でも本も面白いけど、なんかすごく暖かい・・・気持ちいいなぁ・・・
 と思った瞬間、ん、まてよ、この感覚。どこかで経験したことあるぞ。
 と思ったのです。ジリジリした太陽と本。
 なんだ?いつだ?この感覚・・・
 ハッと思い出しました。

 それは、高校生の時に1限をさぼって
 ひとりで屋上で本を読んでいた、あの記憶でした。
 
 あの時読んでいた本は確か、
 武者小路実篤だったような気がします。
 友情だったか、幸福論だったか・・・タイトルは忘れちゃいました。

 青い空、ジリジリと照らす太陽、学校の広い屋上。
 そこでみんな勉強しているであろう時間に
 ひとり静かに読む本は、いやぁ、実に面白かったです。
 (その時の1限の先生、ごめんなさい。)

 そういえば昔の新潮社のコピーで、
 「青空は、史上最大の読書灯である。
 っていうのがありましたよね。
 その当時、新潮社の冊子に書いてあるこの言葉の部分だけを切り取って、
 手帳に入れるくらい、このコピーが好きでした。

 なんだか懐かしいなぁ。
 
 青春だぁ。

 電車が遅れてくれたおかげで、若かったあの頃を思い出しました。

 電車が遅れるってのは、悪いことばかりじゃないですねぇ。
[PR]
by maikovic | 2008-02-08 13:02

嬉しい言葉。


 「いつもありがとうございます」「おはよう」「いってらっしゃい」


 「いつもありがとうございます」
 これは今日いつものおにぎりやさんにランチを買いに行った時に
 おにぎりやさんのおばさんに言われたひとこと。

 この言葉、私好きだなぁ。

 ただのお店とお客という関係の
 「ありがとうございました。」じゃなくて

 『いつも来てくれているの、知っていますよ。
  ありがとう。また来てくださいね。』
 
 っていう、親しみが込められている言葉、
 「いつもありがとう。」が、めっちゃ嬉しい。

 会社の近くの八百屋さんのおじさんも何度か買いに行ったら
 顔を覚えてくれて(私の顔がじゃがいもだから?笑)
 朝お店の前を通ると挨拶してくれて
 「いってらっしゃ~い」とも言ってくれたりする。
 これもめっちゃ嬉しい。
 
 本屋さんのおばさんとも
 以前会社で本を注文していたことがあったので仲良くなった。
 朝会うと「おはよう。いってらっしゃ~い。」
 帰りは「お仕事お疲れさま~!」と声をかけてくれる。
 いい人だぁ。
 この町は全体的にいい人が集まっているんだなぁ。いい町だ。
 
 で、そうそう、私が大好きでよく通っているおにぎりやさんは
 おにぎりもお惣菜もすごく美味しい。で、そこの3人のおばさん達は
 みんな明るくていい人たちで、何回か行ったらすぐ顔と名前をおぼえてくれた。
 お店の中にはいくつか席もあるので、たまにカウンターに座って
 厨房のおばさん達とおしゃべりしながらランチしたりするんだけど、
 おばさん達がお料理のことを教えてくれたり、時にはおみやげでもらった
 というチョコをお裾分けしてくれたりする。

 私もお礼におうちにあったお菓子をお裾分けしたり、
 お店で100円玉が不足しているという話を聞いたので
 100円玉をなるべく使わないようにして集めて
 定期的におにぎりやさんに持っていってあげたりしている。
 今日も3000円分貯まったので持っていったらとっても喜んでくれた。
 そして「まいちゃん、いつもありがとうね。」と。嬉しい。

 相手も私も嬉しいというは最高だ。

 私1人で嬉しいよりも、相手も私も嬉しいと、喜びが倍になる。

 みんな笑顔がいい。

 みんなを笑顔にできる人になりたい。

 小さなことからコツコツと。

 よーし、頑張るぞー!
[PR]
by maikovic | 2008-02-05 17:40

お年玉切手シート、頂きました。

b0040638_1343462.jpg

皆さん昨日の雪は大丈夫でした?ずっこけたりしませんでしたか?
私は早起きして横山大観を観に行こうと思っていたのですが、
あの大雪に断念し、終日家で過ごしました。

さて、嬉しいお話。

先日Aさんからこの切手シートを頂きました!ヒャッホウ!
お年玉くじの切手シートは毎年楽しみにチェックしていて
平成に入ってからのものはだいたいあるのですが
(残念なことにない年のものもありますが)
今回頂いたものは昭和55年のだいぶ古いもの。
マイコビッチコレクションになかったのでとっても嬉しかったです!!
Aさん、どうもありがとうございました♪♪♪

私は切手というものは小さな絵画で、芸術品だと思っています。
比較的手に入りやすいのでどれもこれも集めたくなってしまうのですが、
単価は低くともチリも積もればなんとやらで
全部買っているとなかなかいいお値段になってしまうので
すごく気に入ったものだけを買うようにしています。

でも、小さなゲージツ品と思えば1枚50円や80円なんて安い!
っていうか安すぎるっ!絵を描いた人に申し訳ない!
と思うくらい切手って安くないかなぁ?とたまに思うことがあるのですが、
まぁ「切手の値段」イコール「絵の価値」ではないでしょうからいいんですね。

とにかく切手は大好きなのであります。

今日も郵便局で買っちゃいました♪
[PR]
by maikovic | 2008-02-04 13:07